ドライアイとレーシックの関連性

ドライアイとレーシックの関連性



ドライアイとレーシックの関連性ブログ:14/08/14


効果的な減量の方法といえば、
やはり、栄養バランスのとれたご飯をしっかりと食べて、
トレーニングして減量するという方法ではないでしょうか。

どのくらい減量したいかにもよりますが、
ある程度の体重を落としたいなら、
食生活の改善とご飯は、減量に不可欠です。

健康的に減量するためのご飯の目安としては、
脂肪分がご飯全体の30%未満で、タンパク質が20%くらい、
野菜やフルーツは一杯食べて、
色んな種類の炭水化物を50~60%くらい摂るのが良いそうです。

油を抜くとか、脂肪を全然摂らないとか、
炭水化物を極端に減らしたり、抜いたりとかは、
絶対にやめましょう!

栄養の偏ったご飯で、
一時的に体重を落としたとしても、
元のご飯に戻すと、
あっという間にリバウンドをしてしまいますし、
病気を引き起こす要因にもなりかねませんよ!

バランスの良いご飯を摂り、間食を減らすのが、
減量には最適なのです。

また、食生活の改善と一緒にトレーニングも行ないましょう。
その時に気をつけたいのが、
トレーニングしたから、少しくらい食べても大丈夫と油断してしまうことです。

せっかくトレーニングしても、それ以上にカロリーをとってしまっては
減量になりません。
トレーニングで消費されるカロリーって、驚くほど少ないんですよね。

逆に、スナック菓子を食べたくなった時、
このカロリーを消費するためには、
どのくらいトレーニングしなければいけないかと考えたら、
少しは間食が減るかもしれませんね。

とりあえずは、今よりもトレーニング量を増やして、
間食と外食を極力減らすことから
減量を始めてみてはいかがでしょうか。

ドライアイとレーシックの関連性

ドライアイとレーシックの関連性

★メニュー

レーシックの前には適性検査
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
レーシックで乱視の治療も可能
レーシックでのリスクを理解しておこう
口コミサイトを活用してクリニック選び
ドライアイとレーシックの関連性
保証制度の有無を確認しよう
交通費を補助してくれるクリニック
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)スポーツ選手も積極的に実施しているレーシック