レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能


レーシックで乱視の治療も可能
一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。

レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。





レーシックで乱視の治療も可能ブログ:18/07/29

みなさんは
体の部位によって、
脂肪がつきやすいところとつきにくいところがあるのをご存知でしょうか?

体の部位の中で
脂肪が最もつきやすいのは、ヒップだといわれています。

次にヒップの近くにある、腰に脂肪がつくといいます。
腰周りに脂肪がついてくると、
次のターゲットとして、多くの人が悩むお腹に脂肪がついてきます。

続いて、胸に脂肪がつくようになり、
その後大腿部に脂肪がついていきます。

次に、肩や上腕部といったいわゆる二の腕周辺に脂肪がつき、
最終的には、ふくらっぱぎが脂肪がつき出すといわれています。

減量を実践すると…
先ほどあげた脂肪のつきやすい順番とは逆に、
脂肪というのは落ちていくといわれています。

ですから、まず最初に
ふくらっぱぎについている脂肪が落ちていきます。

そして最終的には、
腰周りについている贅肉がなくなっていくという
メカニズムになっているらしいんですよね。

よく女性の方で
減量したはいいけれど、
落ちてほしくない胸が落ちていっている…という悩みを聞きます。

で、その割には
お腹の贅肉はあまり取れないというわけです。

しかし上の順番で見ていくと、
胸の脂肪が先に落ちるのは自然の成り行きなんですよね。

もう少し我慢していれば、
必ずお腹周りの脂肪が落ちてくるはずです。

女性の人は一般的に、
皮下脂肪がつきやすい体質であるといわれています。

皮下脂肪のほうが、
上にあげたような脂肪のつく順番というのは
顕著に出てくるそうですよ!

こういった体のメカニズムを知っておくことも
減量には有利じゃないでしょうか?

レーシックで乱視の治療も可能

レーシックで乱視の治療も可能

★メニュー

レーシックの前には適性検査
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
レーシックで乱視の治療も可能
レーシックでのリスクを理解しておこう
口コミサイトを活用してクリニック選び
ドライアイとレーシックの関連性
保証制度の有無を確認しよう
交通費を補助してくれるクリニック
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)スポーツ選手も積極的に実施しているレーシック