レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックでのリスクを理解しておこう



レーシックでのリスクを理解しておこうブログ:17/11/26


今では少なくなりましたが、
あたくしが子どもの頃、
駄菓子屋さんって、街のあちこちにあったんですよね。

あたくしは駄菓子屋さんに恵まれていて、
家から歩いて5分以内のところに3軒もありました。

まず1軒目には、
お菓子、菓子食パン、タバコ、切手などが置いてありました。
菓子食パンが置いてあったので、
あたくしの家では食パン屋さんと呼んでいました。

このお店では、
1円のあめ玉と5円のようかんをよく買いました。
また、その頃あたくしのパパはヘビースモーカーだったので、
パパのタバコをよく買いに行かされたりもしました。

別の1軒は、
お菓子よりも、おもちゃなどが豊富でした。
そこでは、銀玉鉄砲の玉とかをよく買いました。

そしてもう1軒の駄菓子屋さんでは、
お菓子も買いましたが、
当てもんをするのが好きでした。

しかし、
他の子どもが1等や2等を当てているのを見たことはありましたが、
あたくしは1等どころか2等も3等も当たったことがなく
ハズレばかりだったのを覚えています。

ところで、今は、
1年中アイスキャンディーを売っていますが、
昔は夏しか売っていなかったんですよね。

たぶん冬に売っていたとしても、
家の中が今ほど暖かくなかったので
全く売れなかったのだと思います。

このお店でも、夏になると、
アイスキャンディーを売ってました。

その中には、
当たりくじ付きのアイスキャンディーもありました。

あたくしはこのアイスキャンディーでは、
当たりを出すことができました。
当たりが出ると、
アイスキャンディーをタダでもう1本もらえるんですよ!

「名糖ホームランバー」というアイスキャンディーも好きでした。
これにはホームランとヒットという当たりがあり、
ホームランだとそれで1本、ヒットだと3本で
1本のアイスキャンディーがもらえたのです。
レーシックでのリスクを理解しておこう

レーシックでのリスクを理解しておこう

★メニュー

レーシックの前には適性検査
最新老眼治療のモノビジョンレーシック
レーシックで乱視の治療も可能
レーシックでのリスクを理解しておこう
口コミサイトを活用してクリニック選び
ドライアイとレーシックの関連性
保証制度の有無を確認しよう
交通費を補助してくれるクリニック
紹介制度を採用しているレーシッククリニック
矯正された視力の維持は保証出来ない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)スポーツ選手も積極的に実施しているレーシック