レーシックの前には適性検査

レーシックの適性検査では角膜の状態や近視や乱視や遠視の有無、また眼球の硬さ・視力・涙の量などを検査します。
適性検査には約2〜3時間かかるので余裕のある日に検査を受けるようにしましょう。

 

適性検査を行う時に気を付けなければならないことは、ソフトレンズコンタクトは1週間前、ハードレンズコンタクトは2週間前から使用をしてはいけないということです。
慣れるまでに大変だと思いますが手術の前はメガネ生活をして正確に適性検査を行うために注意をしましょう。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 レーシックを受けるかどうかを決定するためにレーシック手術前には必ず適性検査が行われます。
「レーシックに耐えられる眼かどうか」や「眼に病気はないか」などを入念に検査していきます。

 

医師 転職ナビ
医師 転職の情報
http://www.doctor-ranking.jp/



レーシックの前には適性検査ブログ:18/05/16

お子さんの顎を発達させたいなら、
とにかく堅い物を食べさせよう!

柔らかい物を食べさせていると、
お子さんは早食いしてしまい、
咀嚼回数が極端に少なくなってしまう。

ライスなら玄米を堅めに炊く…
菓子パンなら黒パンをト−スターで焼いて堅くする…
麺類なら茹で過ぎないで、少し堅めに茹でる…

こういった措置を施せば、
お子さんは咀嚼回数を多くせざるをえなくなり、
顎を発達させていくことになる。

野菜の中でも根菜類は食物繊維が豊富なので、
サツマイモ、ジャガイモ、大根、玉葱、ゴボウなどを頻繁に出すようにすれば、
お子さんはそれらを簡単には飲み込むことができず、
咀嚼回数を多くすることで
くちの中で細かくしていかざるをえなくなる。

肉などは、大きめな肉を食べさせよう。

焼肉のようにくちでモゴモゴできる大きさこそ、
肉の味を堪能できるのであって、
肉を細かくしてしまうと、
結局、肉を加工することで肉以外の味を味わうしかなくなる。

ハンバーグなどのようなものは、
出来るだけ回数を減らすのが望ましい。

それと
定期的に木の実を食べさせよう。
木の実はどうしてもポリポリと食べざるを得ず、
お子さんに木の実を与えておけば、自然と咀嚼回数が多くなる。

落花生などは殻つきのものを購入して、
お母さんとお子さんが一緒に殻を剥きながら食べると、
お子さんは自然と咀嚼回数を多くするのである。

スルメや干し肉といったものも
お子さんの顎を鍛えるには貴重な食品。

お子さんの場合、まだ顎が発達していないので、
スルメなどは一切れ与えても、
長時間にわたって咀嚼し続けているものだ。

お母さんは自分の虫歯予防のためにも
スルメや干し肉を定期的に食べて、
その際にお子さんに分け与えるようにしよう!